親子3人でなんとなく母子家庭やってます!😳😱😓

離婚を経て母子家庭になって早数年。頼れる親族がいない中、子供二人とそれなりに楽しく生活をしています。そんな他愛のない日常のつぶやきです。

プールの巻きタオル

プール開きも終わり、上の子ちゃんも下の子君も雨の中水泳の授業があった先週。

 

2人ともタオルは当たり前のように巻きタオルです。(スカートみたいなやつです)

 

当たり前のように2人の水着の準備をしていると、準備私はふと昔の記憶がよみがえってきました。

 

 

それは私が小学4年生のころ。

この当時から巻きタオルというものはしっかり存在していたのですが、私は普通のバスタオルしか準備してもらえませんでした。

 

巻きタオルは着替えにも便利ですし、周りの子はほとんど使用していたのです。

 

昔は今みたいに学校からお便りで巻きタオルを指定してくれることもありませんでした。(今は小学校からも『着替えに便利ですので、巻きタオルを持たせてください』とアナウンスされています。)

 

私も巻きタオルが欲しく、継母にお願いしたことがありました。

継母のことはこちらから↓ 

metarumama.hatenablog.com

metarumama.hatenablog.com

metarumama.hatenablog.com

 

しかし彼女は開口一番にこう言い放ったのです。

 

「ハン、色気づきやがって!!」

 

普通、小学校高学年の女児に言うでしょうか?

一般的な親であれば、子どもの気持ちを汲んでくれるところではないでしょうか?

ところが継母は、

 

巻きタオル=着替えに恥ずかしいから=子供のくせに生意気

 

という思考だったと思われます。

 

どうも継母は、私が子どもから女性になっていくことが許せないようだったのです。

  • 私が一時期病気をして太ってしまったときには、「そんなデブでどうするの?」と言いながらも嬉しそう
  • その後、継母にいいように使われたことで急激に痩せた時には「なんて不経済(服のサイズ)な奴だよ。」と吐き捨てる
  • 髪の毛を縛っただけで「色気出してるんじゃないよ」と小言
  • 「髪の毛にパーマかけて可愛くしてあげる」と言い出し、断ると逆切れするだろうと思い任せると、見事に前髪だけかけられどっかのおばさんのような仕上がりになった(これはもしかしたら悪意はなかったかもしれませんが、私は悪意を感じました。)
  • 太っていた時の私の写真を何度も見て笑いものにする(これも悪意を感じました)
 
とまあ、数々の悪意ある私に対しての下げ方があったのです。
巻きタオルを買ってもらった記憶は…ありません(´;ω;`)
 
 
そして、中学校に進学してからはさらにひどく、水泳の水着(学校指定)も買ってもらえなかったのです。(小学校のものを着ればよいと言い張られました)
当然決まった水着がないから授業が受けられなく、私は毎回仮病とけがを理由に見学をしていました。
この当時は教師から生徒に個別に事情を聴くということもなく、ただ淡々と学校生活を行っていた印象ですので、だれも私の家の裏事情を知る人はいませんでした。
 
 
そう思うと、今の時代恵まれているなと感じます。
巻きタオル推奨のこともそうですし、児童一人一人に手厚く指導が行き届くようにソーシャルワーカーの先生や、児童・生徒の悩みを専門に聞いてくれる機関もあるのです。
あの頃の私がしてほしかったことを今の世の中であればかなえてくれていたかもしれません。
 
そんなことを考えながら子供の水泳の用意をしていて、
わが子には私と同じつらい思いをさせないぞ。
と何度も誓ったのでした。